« 雪山 | トップページ | 新入生 »

2017年4月 5日 (水)

早春

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の相談が寄せられています。
この何年かは中古車買取業者についての相談は増加中で、一向に減る気配が見られません。
相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、無理やり契約を迫られたがこれでは押し売りではないのかといった相談などです。
悪質な業者に当たったときなどは、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。
諦めてはいけません。
車の査定の仕事をする場合に絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。
中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。
技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと取れませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。
たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、総走行キロ数が10万kmを越える車だと、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。
中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。
自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。
車単位でなくパーツ単位で査定するのが専門業者の特長で、部分ごとに細かく値段をつけてくれるので普通の中古車屋のようにタダ同然ということにはなりません。
廃車にする労力やコストを考えた上で金額的にも後悔がない方を選びたいものです。
中古車を見積もる際の基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。
このうち車のボディーと内装に関しては、事前にしっかりと掃除することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。
事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、はじめから正直に答えましょう。
これら基礎となる基準をチェックしてから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、最終的な見積額を決定します。
パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、状態やニーズ次第です。
付加価値の高い人気パーツならば評価としては若干プラスになるかもしれません。
但し、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。
また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。
ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

ザゼンソウかれん 早春告げる黄色い花 登別の湿原で観察会
【登別】キウシト湿原(若山町)で2日、早春に花を咲かせる植物「ザゼンソウ」の観察会が開かれ、参加者がかれんな姿を楽しんだ。 NPO法人キウシト湿原・登別が毎年、4月から月1回開いている観察会の一環で、今季初めて。湿原の一般開放は16日から始まるが、これに (続きを読む)


« 雪山 | トップページ | 新入生 »

趣味」カテゴリの記事

無料ブログはココログ