« ツクシ | トップページ | 雪山 »

2017年3月29日 (水)

不動車の処分。

全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。
不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。
パーツごとで考えれば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、部品部品に対して価格をつけ見積もりをして不動車を買い取ってくれる店舗はちゃんとあるのです。
しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、はじめに調査して不動車取り扱いの会社に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。
全部というわけではありませんが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。
所有者が個人だった自動車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。
日常やレジャー等の用途で使っていた場合には、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。
具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。
業務と兼用している車を売るときには、一般とは違った決まりが存在しますから、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に税務署のスタッフに聞いてみてください。
車内の掃除が行き届いていたり、あらかじめ洗車しておいたところで、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。
ユーザー個人が出来る掃除であれば業者だってできてしまうわけですから、当然です。
とはいえ良い影響がないわけではないのです。
査定時に車がきれいだと、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。
チェック項目に沿った査定とはいえ評価を入力するのは人ですし、査定額に与える心証効果というのは無視できません。
出来るだけ多くの業者に車を査定してもらうという行為は、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。
とはいうものの、何社以上なら絶対に良いなどという基準はなく、一概には言えないところがあります。
わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、相場を知って買い叩きを回避するためと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。
目的が達成できるのでしたら、少なかろうと多かろうと結果的には問題がないということです。

« ツクシ | トップページ | 雪山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2252448/70085282

この記事へのトラックバック一覧です: 不動車の処分。:

« ツクシ | トップページ | 雪山 »

無料ブログはココログ